車の値引きに騙されるな?確実な戦略で勝利を手に入れろ

車の値引きに騙されるな?確実な戦略で勝利を手に入れろ

車を売る前にやっておきたい3つのこと

そろそろ車を買い替えよう。
そう思ったら今乗っている車の売却ですよね。
しかし、車を売ってしまう前にしておきたいことがいくつかあります。
これをやっておくと車を高く買い取ってもらえるかも?

 

まず1つ目は、洗車です。
軽視されがちですが、意外に洗車しておくことは大切なんです。

 

やはり第一印象が変わりますからね。
なんだこの車汚いな〜
なんて第一印象で思われたら、買取業者も高いお金を出して買い取る気がおきなくなりますよね。
いわば気持ちの問題なんです。

 

キレイだからと言って査定額が上がるというわけではありませんが、
やらないよりはましです。やっておきましょう。

 

そして次に買取業者の選択。
これができていない方が非常に多いですね〜。

 

どこの買取業者も同じ査定額を出すとでも思っているのでしょうか。

 

査定額はどこも違う?

 

実際は業者毎に査定額が全く違います。
最低でも3社に査定してもらう。
その上で買取業者を決めるようにしましょう。

 

そして最後に重要なのが、貴重品を社内に残しておかないということです。
まあこれは内装の掃除をする際に、私物は全て撤去すればいい話ですが、
たま〜に財布なんか置き忘れる方もいます。免許証もですね。

 

これで結構盗まれたりしますので、本当に注意してくださいね。
もちろん盗む人も悪いのですが、売った後ですので、車内に残されているものは、
購入者の所有物となる可能性もなきにしろあらずです。

 

車を売る前は、以上のことに注意するようにしましょう。

最近私はある業者に車を売ったのですが、ちょっと特殊な車種を売りました。トラックですね。

 

ちょっと仕事で使っているトラックなのですが、最近そろそろ耐用年数を迎えつつあるように思ったのです。長らくそれを使っていましたが、さすがにそろそろ限界だと思いました。より高スペックなトラックを求めて、今まで持っているトラックを売却する事にした訳ですね。

 

ただ私は、1つ懸念点がありました。買取業者から、執拗な勧誘を受けてしまうかどうかです。というのもトラックの売却を行っている方々によると、しばしば執拗な勧誘を受けているそうなのです。余りにもしつこいので、少々閉口している方も中にはいらっしゃるようですね。私も執拗な勧誘を受けてしまうのではないかと、ちょっと不安に思いました。

 

しかし中には良い業者もあるのではないかと思って、私はネットで情報を集めてみました。するといくつかの業者は、執拗な電話を行う事は無いと公式で明示している事が分かったのです。私はそれらの業者に対して、査定を依頼する事にしました。

 

では実際には勧誘は行われたかというと、全くと良いほど行われませんでした。むしろ私に対して、丁寧に接してくれているような雰囲気が感じられましたでとても良かったです。また一番肝心の査定額ですが、かなり高い金額が提示されました。一度はディーラーで査定を受けていたのですが、その時の金額に比べれば遥かに高かったので満足していますね。

 

こうして私は執拗な勧誘を受ける事もなく、無事にトラックという車種を売却する事ができました。それにしても良い業者にめぐり会えて、本当に良かったと思います。次回トラックを売却する時には、是非またあの業者にお願いしようかなと考えています。

続きを読む≫ 2014/12/11 00:24:11 車雑学

中古車買取店なのですが、いつも自動車を安く手放してくれるお客様を求めているのです。そのようなお客を求めているので、いつも探りを入れている状態なのです。中古車買取店に行きますと、ディーラーでの下取り価格等を聞かれるかもしれません。他所で査定をして貰ったかどうかを聞かれるかもしれません。今直ぐ、売却するつもりは無いかどうかを聞いて来るでしょう。そして、決まり文句として、今、売ったら良い条件で査定をしますと言って来るでしょう。

 

このように言って来ると思います。そして、安く手放すかどうかだけでは無くて、買取の相場を知っているかどうかも聞いて来るのです。強引にセールスすれば、契約をしてくれるお客さんかどうかを探って来るのです。

 

他にもまずは他の中古車買取店さんに査定を求めている所も多いでしょう。そして、その査定額よりも高く買い取るという所も多いのではないでしょうか。結局買取店とは、自社の利益になるように買取を考えているのです。

 

このような買取店さんに、買取金額をアップして貰うというのは非常に大変な事でしょう。そういった事も考えながら、どうすれば有利に交渉を進める事が出来るのかどうかを考えなければならないのです。

 

続きを読む≫ 2014/06/03 20:05:03 車雑学

車買取の時に高値になる重要なポイントとしては何と言っても、その走行距離なのではないでしょうか。

 

やはり走行距離が沢山進んでいるような自動車の場合ですと、どうしても、査定の時に高値になる可能性は少ないと言っても良いでしょう。

 

それはどういう事を示しているのかというと、逆に、走行距離が少ない自動車というのは、相場に比べても、査定額がアップするということなのです。

 

どれぐらい、相場と比べてのアップを考えられるのかというと、数万円から数十万円ぐらいの差が出るとも言われているのです。

 

もちろん、それは乗っていた期間や、車種やグレードによっても変わって来るのですけれども、やはり走行距離が進んでいないというのは、それだけ、自動車にも負担がかかっていないとも言えるのではないでしょうか。

 

だからといって、走行距離ばかり考えて運転をするのもなかなか大変な物なのは確かですよね。

 

ところで、軽トラック等は、走行距離による査定額の影響というのは少ないとも言われています。
軽トラックを持っている方はそこまで気にしなくても良いのではないでしょうか。

 

こういった部分を考えながら、どうすれば高値になるのかを考えて行くのが良いと思います。
エクストレイル 査定

 

続きを読む≫ 2014/04/29 00:18:29 車雑学

車の査定において、いろいろな点検をされますが、内装においてはどうなのでしょうか?
内装は、特に大きな重要ポイントはないように思われがちですが、販売する際に減額する必要がある項目に関しては、きっちりと査定ポイントとして点検しています。
下記サイトにも掲載されていますので、同時に読み進めましょう。
>>大阪 車買取

 

例えば、禁煙車かどうか、という点は重要になってきます。
長年喫煙をしている車では、匂いが染み付いているということもありますが、内装において、色が黄ばんでしまっていることが多いです。

 

これが、喫煙しない中古車を探している人からすると、敬遠されるポイントとなりますし、喫煙者であっても人がタバコを吸っている車に好んで乗りたいとは思いません。
基本的に喫煙車は販売価格が下がりますので、査定でも減点ポイントとなります。

 

次に、壊れている箇所がないかどうかです。
内装に関しては、ドリンクホルダーなどいろいろな収納場所がありますが、正直壊れやすいものが多いです。
また、テープの剥がし跡なども残っていると、見栄えがよくないため減点ポイントとなります。

 

このようにそれ程大したことではありませんが、内装も綺麗にしておくことが大切です。
中古車の購入を考えている人が、嫌だな、と思うことがあるとそれが減点ポイントとなっています。

続きを読む≫ 2013/12/26 21:12:26 車雑学

車を少しでも高く売るためにできること。
買い替え、または売却に直面している方が悩むことですね。

 

そんな方のために、少しでも車を高く売れるであろう方法をまとめておきました。
車売却に直面している方、是非参考にしてください。

 

・2、3社に査定してもらう

やっぱり車の買取業者によって査定額も大きく違ったりします。
理由としては、欲しい車が違う、ということでしょうか。

 

業者によって戦略も違いますし、
買い取った後に販売するルートも違います。
海外に輸出するのか、オートオークションに流すのか、店頭で販売するのか、
こういった買い取った後にどのような戦略をとるつもりなのか、
で買取額が変わってくるんですね。
もちろ車種によって戦略も違います

 

・純正パーツを付与する

カスタムしている人限定の話になりますが、
やはり改造している車というのは、純正の車よりも需要が低いです。
需要が低いということは当然、買取額も低くなってしまいますね。

 

改造車を買取したら、また純正パーツを買いなおして、
純正に戻す業者もいるくらいです。
ですので、純正パーツ分の購入費用と戻す工賃を差し引いて査定されることだって
あるんですね。
なので査定の際は純正パーツもあることを伝えておく、
または実際に見せること。
これで通常と同じ査定になる可能性が高いです。

 

・洗車してキレイに見せておく

査定担当の人もすべてを見抜けるわけではありませんので、
当然洗車して車をキレイな状態に見せておきましょう。

 

コンパウンドなんかで子キズを取ると、もっと評価が高くなる可能性があります。
また、汚れがキズなんかに見えて減額対象となることも結構ありますので、
洗車はしておくようにしましょう。

 

上記3つが車を少しでも高く売却するためにできることとなります。
誰でも実践できますので、売却前にご確認を。
車を乗り換える際は、値引きが重要!

続きを読む≫ 2013/11/01 00:02:01 車雑学

オートマなのに車がエンストしそうになるケースがあります。
経験上これは結構やばい症状ですね。

 

オートマなのにエンストしそうになるのは、
ストロットルバルブにカーボンが詰まっているケースが多いです。
これはスロットルバルブの中を掃除すれば直ることが多いのですが、
そのほかに、原因不明でエンジン載せ変え、または車の買い替えを余技なくされること
さえあります。

 

症状としては、車の走行中は問題ないのですが、
信号などで減速した場合、車の回転数が一気に落ち込み、
エンストする寸前になる。

 

他には、アイドリン時の回転数がいように低く、
エンストしそうになり、車がボン、ボン、と弾むような感じになる。

 

上記が症状として挙げられます。

 

私の例

 

私の場合ですと、ディーラーにてスロットルバルブの中を掃除してもらったのですが、
治らず。
原因不明でエンジンの載せ変え、または車の買い替えを進められました。
10年落ちの車なので買い替えた方がいいですよ〜。
治すのならエンジンの載せ変えしか手がないです。
と宣告されましたね。
あのときはお金がなくてショックでした。笑

 

ですので、オートマなのにエンストしそうになる。
という方は注意してください。
まずディーラーで見てもらって、原因不明の場合は、近所の車屋なので、無駄に修理してもらわないこと。
ディーラーに分からないことが、近所の車屋にわかるわけがありません。

 

私はそれで10万円以上治らない修理をしてしまいました。
そして結局乗り換えることになったので、10万円を捨てたのと一緒です。

 

こういうことにならないように注意してくださいね。

続きを読む≫ 2013/10/15 01:25:15 車雑学
ホーム RSS購読 サイトマップ