車の値引きに騙されるな?確実な戦略で勝利を手に入れろ

車がエンストしそうになるケース

オートマなのに車がエンストしそうになるケースがあります。
経験上これは結構やばい症状ですね。

 

オートマなのにエンストしそうになるのは、
ストロットルバルブにカーボンが詰まっているケースが多いです。
これはスロットルバルブの中を掃除すれば直ることが多いのですが、
そのほかに、原因不明でエンジン載せ変え、または車の買い替えを余技なくされること
さえあります。

 

症状としては、車の走行中は問題ないのですが、
信号などで減速した場合、車の回転数が一気に落ち込み、
エンストする寸前になる。

 

他には、アイドリン時の回転数がいように低く、
エンストしそうになり、車がボン、ボン、と弾むような感じになる。

 

上記が症状として挙げられます。

 

私の例

 

私の場合ですと、ディーラーにてスロットルバルブの中を掃除してもらったのですが、
治らず。
原因不明でエンジンの載せ変え、または車の買い替えを進められました。
10年落ちの車なので買い替えた方がいいですよ〜。
治すのならエンジンの載せ変えしか手がないです。
と宣告されましたね。
あのときはお金がなくてショックでした。笑

 

ですので、オートマなのにエンストしそうになる。
という方は注意してください。
まずディーラーで見てもらって、原因不明の場合は、近所の車屋なので、無駄に修理してもらわないこと。
ディーラーに分からないことが、近所の車屋にわかるわけがありません。

 

私はそれで10万円以上治らない修理をしてしまいました。
そして結局乗り換えることになったので、10万円を捨てたのと一緒です。

 

こういうことにならないように注意してくださいね。

ホーム RSS購読 サイトマップ